ミニドローンってどう?Parrot Mambo MiniDrone

Apple製品も好き、ドローンも好き!
そんな欲張りさんな僕ですが、昨今のAppleサイトでは、アクセサリコーナーにドローンが並んでいまして、嬉しい悲鳴をあげざるをえません!\(^o^)/

リーズナブルなミニドローン!

中でも、お求めやすい価格になっているのが
「Parrot Mambo MiniDrone」です。

今すぐにでも、ポチッと購入したいところですが、
ちょっと落ち着いて、下調べをしたいと思っています。

そこで、YouTubeで検索してみたら、
公式動画があったので、貼り付けさせていただきます。

Parrotのチャンネルがあって、この動画は約30秒と短いのですが、
2台で遊ぶ子供の様子を通して、魅力を伝えています。

たぶん、このへんが魅力!

・4gまでのものを運べる
・弾を撃てる
・たぶん操作はしやすい

一方で、知りたい情報について、まだ僕はよくわかっていません。
それは・・・
・カメラの性能。画素数とかどのくらい?
・動画は撮れるの?

要するにカメラですね。
1600万画素とかあるなら文句なしなんですが、たぶんそんなにはないかな?
Appleストアの記述によると、最大30,000枚撮れるようですが、枚数よりも画素数を知りたいです・・・

200万画素だとすると、「うーん」てな感じで、
それより低いとすると正直ちょっと、他の機種に心移りしそうです。

どうなんでしょうか?
ちなみに今日2016年12/7現在でも、Appleストアのレビューに記載はまだありません。

用途を考えてみる

カメラ性能がよければ、撮影する楽しみがグンと広がると思うんです。
小型の魅力は、室内でも飛ばせることと、外でも気軽に使えること。
であれば、外でいい景色を撮ってみたい!

しかし、もしもカメラ性能が残念ということであれば、
もっぱら飛ばして楽しむことになるはず。
アクロバティックにバク転させたりできるらしいので、そこは魅力。
ただ、それだけだとラジコンでもいいんじゃないか?と感じます。

物を運べるというのは、おもしろいです。
先の動画でも、コーヒーに角砂糖を落としているようです。
何かメッセージを書いた紙を持って運ばせてみるのも和みそう。
うーん、購入は、悩みます・・・

ところで、他人のYouTube動画を貼り付けていいのか

今回は、Parrotさんの動画を貼り付けてみることを試しました。
こういうのって、著作権とか大丈夫なの?という気がして、調べました。

参考記事として、「ようつべえのYouTube講座」さんの以下の記事を読みまして、大丈夫だと判断しました。
http://youtube-lect.jp/share-illegal

もっとも、違法アップロードされている動画だとしたら、それを勧めることにつながってしまうようなので、NGとのことです。これも勉強になりました。

また、違うドローンについても近日書きたいなと思いました。お読みいただき、ありがとうございました!