最近、ローソンのパンがヤバい。

「やりすぎパン」シリーズと称して
マヨネーズいっぱいのパン
カレー&ホイップクリーム
などを続々とリリース。

コンビニ食の既存概念を
覆すようなチャレンジ精神が
ヒシヒシと伝わってくる。

そんな中、本日早朝5時未明、
我々調査班の目を釘付けにした商品が
以下である。

「チャーシューメロンパン」

第一発見者は思わず二度見したという。

しかも「何!?」
と驚きの声を上げてしまう始末。

無理もない。

チャーシュー×メロンパン
という、異色のコンビネーション。
未だかつて誰も想像だにしなかった
夢のコラボなのだ。

しかも、
「やりすぎパン」シリーズとは
書かれていない。

おい、これ
どう考えても
やりすぎの方だろ!

即買いである。

チャーシュー大好き。
メロンパンも好き。
買わない理由がない。

ただ、混ぜちゃうのはどうなんだ?
いや、俺は良いと思うけど
一般的な反応としてはどうなのか。
よく作れたな、すごい勇気だ。

即完食である。

完食の様子が以下の通りだ。

96236902-0AA5-400C-980C-62DC02EC4834

つわものどもがゆめのあと。

戦の最中にいる兵たちでさえも
この旨さを口にしたら
一旦かおが綻んで
争いの手を緩めるのではないか

それほどに旨かった。

っていうか
なんで食った後の画像載せるんだよ。

巷には「開封の儀」を行なってくれている
メディアが溢れかえっている。
いわゆるオープニング・セレモニーだ。

「これから開ける輝かしい未来!」
というワクワクを演出できて
とても良いと思う。

開会式っぽい部分はそうした
専門職の方々に譲ることにして、
こちらは逆に閉会式を
担当しようではないかという思いから
このような画像になった。

いまなお、
甘塩っぱい豊かな旨味が心地よい。

そう、この商品は旨い。

ほどよくサクサクなビスケット生地に
包まれし勇敢なる豚角煮フィリングよ。
今こそ、その真価を解き放て!

といった具合に
優しさと獰猛さを兼ね備えた食品だ。

後出しで悪いけど、
俺はアリだと思ってたよ。

チョコ+肉
これもイケるはず、と思ってるからね。

いやあ、朝から
いいもん食べたワイ。
早起きは三文の徳である。

チャーシューメロンパン!?どうしたローソン

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です