2016年2/27から1年で1500円稼ぐ計画ではじめ、8/12に達成!もっと稼げるように精進中!YouTubeでCindyTVもやってます!

WordPressでタグクラウドをサイドバーに設置

WordPressでは記事にタグをつけられます。しかし、今使っている私のテーマでは、表示的には特に意味がありませんでした。そこで!タグクラウドを導入しました!

■WordPressでサイドバーにタグクラウドを設置した方法

①外観>ウィジェットで「タグクラウド」をサイドバーの適当なところにドラッグ(当ブログではカテゴリーの下に配置しました)

②「保存」をクリックしました。

以上です。

■考察

非常に簡単で、カレンダーを設置したときと同様の作業です。何かつけたり消したりするたびにこういう記事を書きます。

当ブログを流れる大きなテーマが「書いて稼ぐ」ことであるため、カテゴリーもその中の大きな潮流である「計画」と「実行過程」の2つに、現時点では抑えています。

ここに「TOEIC」とか「WordPress」とか、これからもっと増えると思うと、ちょっと収集がつかない気がしています。

ですので、カテゴリーとは別のもの「タグ」でそれらを分類したいと思っています。

そこで、TOEIC系の記事には「TOEIC」とタグをつけました。

なのにあら不思議!

ブログを見ても、どこにもタグの存在がないじゃない!

そういう仕様のテーマのようですね。

これでは、タグをつけた意味が、ほぼありません。

それが、タグクラウドをサイドバーに設置したことで意味を帯びてきました。

ブログ内で使われているタグ名がタグクラウドに登場し、いずれかをクリックすると、そのタグがついた記事を読めるようになりました。これは便利だと思います。

でもなんでタグ「クラウド」っていうの?

それはね、使われている頻度の高いタグほど大きな文字になって、大小入り混じるタグ名たちの様子があたかも雲みたいだからだよ、と私は思っているのですが、本当のところはどうですか?

調べもせず自分の解釈でネット上で文章にしたりしてすみません。しかし、調べて正確を期さないといけないようなことですか?人生はあまり長くはないもので、できればそのー、このくらいのことであれば検索時間をかけずに済ましてしまいたいというのが本音なのですが、許されないことでしょうか?

「タグクラウドの命名には、並々ならぬ思いが込められているんだ!意味も知らずして語って欲しくない!」という製作者がもしかしたら、私の知らないところで、存在しているのかもしれません。命名というのは、神聖なものであるとは思っているつもりです。しかし、そうしたところまで把握しないと記事さえ書けないというのでは、いささか不便な気もするわけであって・・・そもそも大事なのは意味というより、どう使うかだと思うので・・・

よくわからないものでも便利に使えてれば、今後も深く由来とか知らないまま使わせていただきますよ僕は!

 

■追記

「使われている頻度の高いタグほど大きな文字になって、大小入り混じるタグ名たちの様子があたかも雲みたい」と書きましたが、このテーマではサイトの表示上は。大小入り混じりませんでした・・・全部同じ大きさになるデザインなのか。ちなみに、管理画面では大小入り混じってます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スポンサードリンク