2016年2/27から1年で1500円稼ぐ計画ではじめ、8/12に達成!もっと稼げるように精進中!YouTubeでCindyTVもやってます!

バハインドとシェジュール

Welcome to this blog!

4/10のTOEICまであと2週間!

■Britishナレーターについて

今日はTOEIC新公式問題集のブリティッシュ女性のbehindについて書きます。

彼女が「behind」を読み上げると、どのように聞こえるか?

 

お分かりの方もいらっしゃいますでしょうか。

「ビハインド?」

いえ、違います。

 

「バハインド」です。

なんでそうなってしまうのでしょうか。

ブリティッシュならみんなそう?

というか英語を使う者たるや、みんなそう?

他の人が喋るときも注意して聞かないと。

イギリスのアーティストのOne Directionが歌うときも注意してきかないと。

こうやってブログに書いておくと、今度から気をつけて聞くようになるかもしれないので書きました。

バハインて。

ドリフターズのハビバノンノン♪みたいだなーと思いました。

■バハインドであるべき?

もしも「バハインド」であるべきなのであれば、

今度からバスケの試合とかで10点差になったときは、「10点ビハインド」じゃなくて「10点バハインド」って言わないといけない。

■おまけ

あとついでにこれも書いておこうかな。

schedule

これは日本人なら「スケジュール」と読むでしょう?

 

でもTOEICアメリカ女性かな、多分。彼女は

「シェジュール」と言いますね。

 

たまに連発で聞くこともある気がします。Part2の選択肢に何回も入っているときや、Part3,4で予定の話をしているときなど。

そんなときは思わず笑ってしまいそうになります。

なにもおかしくない!そっちが正しいんだ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スポンサードリンク