「40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法」を参考にしています

IMG_4197影響をモロに受けまくっています

「40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法」春名久史(2015)

長くてインパクトのあるこの本。

この本に出会ってから、私のTOEIC対策は一変しました。

基本的に、このブログで書いているTOEICとの戦いは、この本を参考にして行われている感じです。

■本の概要

春名氏は、ニート状態だったときがあり、1日10時間TOEICの勉強をした。

その方法は、新公式問題集をひたすら読むこと。

それも主に解答ばかり。

他の教材には目もくれない。

最初のうちは、日本語を先に読めばいい。聴きとれないならリスニングCDは聴かなくていい。

など驚きの方法を紹介。

そうして930点を取ってからというもの、苦労した就職活動が嘘だったかのように、成功するようになり、通訳案内士として大活躍。

■魅せられたところ

新公式問題集のみを教材とするところです。

TOEIC教材は世に溢れていますが、全部をやっている時間や購入費用はないでしょう。

また、やる必要もないということです。

むしろ、やる必要がないことをやっているからダメなんだ、ということです。

この点を突き詰めると、春名氏の「本質をとらえて、追求する」点が崇高なように思えて、真似したいと思ったところです。

ラクそうに思えて、ストイックな勉強法でもあります。

ほかの教材をやってる暇があるのなら、試験がはじまる直前までとにかく公式問題集を読むことに当てたほうがいいなと思いました。

■買った時の状況

仕事が忙しく、TOEIC勉強の時間が思うようにとれない状況でした。

それでどうするか?

書店でウロウロしていて、この本を見つけました。他に4冊ほど買おうかとしていました。

英語勉強の本(中にはSTAR WARSを題材とした教材も)や、ビジネス系の本。時間がないのにもっと教材を増やそうとしたり、あるいは、仕事のほうをもっと効率良くできないかと模索したり、葛藤していました。

しかし、結局のところ、この日は春名氏の本1冊のみにとどめました。

それが結果的には良かったと思っています。この日の本購入代は1万円になりそうなところを1400円+税におさえることができました。

■まだ私は900点を突破していない件

参考にしてるのに900点取ってないじゃん、と言われればその通り。

理由としては、まだ時間が足りていません。

春名氏は1日10時間勉強できた。

こちらは1日20時間働く日があったりします。

そればかりではなく、こうしてブログを書いて脱線しているところももちろんあります。しかし、すべての脱線時間を消し去ったとしても、今は1日10時間は確保できず、それならもう少しゆっくりペースにしようか、という妥協具合です。

このように、春名氏の本を紹介しながら、また、他にも同様に感動した本があれば紹介しながら、しかし諦めることだけはせずに続けていきたいなという思いです。

ただし、氏はこう言っておられます。

「一夜漬け」ならぬ、「1か月漬け」が一番効率的

p.115-116です。

これを肝に銘じ、私は2016年中には900点代を必ずものにします。

“「40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法」を参考にしています” への 7 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です