伊藤園の「水素水H2進化する水」を飲んでみた

以前の記事でお湯を飲んでいた私です。

お湯を飲んでいると、やがて冷めて水になります。この変化を楽しめるのもまた風流であると考えます。

普通の水道水は、たまに、めっちゃまずく感じるときがあるので、基本飲まない私です。おいしければいくらでも飲むかもしれません。

お湯にすると、煮沸されて良い感じになると思っていますし、味も良くなっているように感じます。

■伊藤園の水素水

さて、伊藤園のH2ですが、ミニストップで見つけた気がします。シルバーに輝くアルミボディをみたとき、これだ!と思いました。

198円したと思います。

飲んでみた感じは、普通です。

普通に冷えた水を飲んでる感じで、おいしいけど、「特別うんまぁーーい!!」というほどではないと感じました。

味はよくわかりません。

味以外のところでいいことがあるのかもしれないですね。

■缶にいろいろ書いてある

水素濃度0.3ppm〜0.8ppm※(生成時水素濃度1.6ppm以上)

「高濃度」かつ「抜けにくい」独自の水素水生成法を採用(特許5746411号)

水素は非常に軽くて小さいため、水中から徐々に空気中に抜けていきます。水素ガスを高濃度で水に吹き込むことで、水素が水中に長時間滞在できます。

可能な限り水を多く充填することで、キャップと水面の間にある隙間を小さくし、水素がより空気中に逃げにくい工夫をしています。

栄養成分表示・100ml当たり
エネルギーokcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、ナトリウム1mg、カリウム0mg

■だからなんなのか

これらの特徴が、体にとってどんなメリットなのか、今の私にはわかりません。かといって、商品自体には書いていません。

わかる人だけ買えばいい、とかなのか。普通みんなわかってることなのか。POPなどで補足したりする販売戦略が有効かもしれないですね。

“伊藤園の「水素水H2進化する水」を飲んでみた” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です