iPhone画面キャプチャができない

iPhone6s(iOS9.3.4)画面をキャプチャしたいです。
Mac(OS X Yosemite 10.10.5)ならQuickTime Playerを使うとできるそうなんですが、
項目にiPhoneが出てきません。
iPhoneもMacも再起動してもダメ、Lightningケーブル抜き差ししてもダメです。
どうしたものか。

な、なんだってー!?初Vine投稿してみたら大変だった・・・

楽しい6秒動画が満載のVine。
YouTube動画を作っている僕は、Vineにも初挑戦してみました。
下のが初Vineの作品です。


SMAP解散に対する反応

音声をONにしていただければ、曲も聴けるかと思います。

6秒といえど、ループされることに目をつけ、
ループソングを作ろうと思い立ったのがきっかけです。

5秒でもいいの?

曲をつくってみたところ、5秒くらいになってしまいました。
でも0Kです。
1秒無音空間ができるとかではなくループしてくれました。

僕の場合は先に曲を作り、それから映像を考えることが多いので、
今回は6枚のイラストを用意して、それを曲に合わせて動画を作りました。

PCで作ってアップロード!

曲をつけるだとかイラストをそれに合わせるだとか、
スマホではちょっと難しいと思っていました。

ですから、最初からパソコンで作る気でいました。
そして作りました。

動画作成自体はYouTube用でだんだん慣れてきているので、問題ありませんでした。
むしろ、たった6秒でいいので作業時間は短くて済むと思っていました。

しかし、Vine用ということで、ちょっと困ることもありました。
もちろん6秒に内容を詰め込むといったシナリオ面での苦労もあるかとは思いますが、
それより技術面で色々困ったので、メモしておきたいと思います。

Vineの動画アスペクトは1:1

YouTubeやニコニコ動画用には16:9とか4:3で作ることが多いと思います。
しかしなんとVineは、まさかの1:1。正方形です。

そしてMacのiMovieを主に使う私としては、iMovieで1:1ができなかったので挫折しました。

検索してみると、iMovieで普通に作ってから、「Video in Video」というアプリで1:1にできるというYahoo!知恵袋情報を発見しました。でもそれ大変そう!と思ったので、他を探りました。

MacでJavieというフリーで軽快な動画編集ソフトも使っている私は、これで1:1ができないか試しました。
できました!
ということでJavieで動画を完成させました。

動画をどうVineにアップロードする?

PCで作った場合、そのままPCで「VineClient」というChrome拡張機能を使う情報をいくつか見つけました。
情報は去年のなどもありましたが、今試そうとすると、有料なようでした。
ということで挫折しました。

それで、PCからiPhoneに動画を送り、iPhoneのVineアプリから投稿する作戦にでました。
このための手法も色々複雑そうなものに翻弄され、結局いきついた私の成功法は・・・

Googleドライブでした。

MacでGoogleドライブに動画をアップロード。

iPhoneのGoogleドライブでは、その動画の「コピーを送信」から「ビデオを保存」と進むことで、動画をiPhoneの写真アプリに保存できました。
ここまでくると、あとはVineで投稿できました!

Vineのタイトル的なものの書き方など、まだ慣れていませんが、
この調子で短い変な曲をたくさんアップロードしていきたい次第です。

Vineやってみてよかった

即座にいいねをしてもらえて嬉しかったです!
ありがとうございます!

そして、Vine動画がたまったらYouTubeにまとめ動画を投稿したいなと思っているのですが、そういう発展性も見据えて「Vineやってみようかな」と思ったのでした。
これからもVineでおもしろいことがあったら記事にします!

Macのプレビューで画像サイズを変える方法

previewsizeMacでjpeg画像を開くソフトといえば、プレビューがデフォルトかなと思います。

そのプレビューで画像サイズを変えられたら、無料で済みます。その方法を書きます。

■プレビューで画像サイズを変える

ツール>「サイズを調整」をクリック。

冒頭のような画面が出てきます。

あとは、お好みの数値を入力して完了です。

■WordPressを使いつつ画像サイズを変える意義

最近、このブログに大量に画像を使うようになりました。

もともと容量が軽い画像は助かります。

しかし、フリー素材などをダウンロードする際、重いものもあります。自分で撮った画像も基本的には重いサイズです。

容量が大きいということは、それだけ綺麗な画像であることが多いわけですが、今の所、このブログで使うにはそれほど大きな画像は必要ないと感じています。

大きくても長辺800pxもあれば十分、1024pxが最大限かなくらいに思っておりまして、普段使いには480pxくらいを意識しています。

480pxくらいだと、数十KB程度で済んでいます。

ストレージや表示速度を気にするとしても、ストレスはないなと感じています。

■Adobeのフォトショでもできるけど

Photoshopでもできますが、有料です。

月に5000円ほど払って使い続けてきましたが、

ここらで一旦Creative Cloudをお休みしようかと思い、フリーソフトでの方法を記しました。

Macエクセルでスクショにテキストを書いて画像で保存した件

0416_8スクリーンショットに解説をつけた図が保存できる

MacでWordやExcelをお使いの方も多いと思います。私もその1人ですが、上のような図(スクリーンショットにテキストボックスをのせた図)を作るのに一苦労した話を書いておきます。

■Macのスクリーンショットの方法

「control」+「shift」+「⌘」+「4」

を押します。覚えるのが大変ですが押します。

私の場合は、左手の親指で⌘、小指でshift、薬指でcontrolを押しつつ、右手で4をポンと叩いている感じです。

見事に押せると、カーソルが獲物を狙うライフルの照準の如しになります。その状態で、キャプチャーしたい部分を「左上から右下」に向かってドラッグすると、スクリーンショットが撮れます。

■スクリーンショットしたものをエクセルに貼り付け

上の方法で撮ったスクリーンショット。

どこに行ったの?ということになりそうですが、エクセル(ワードなどでも可)を開いておいて、ペーストすると、現れます。

⌘+Vすると現れるということです。

0416_1ここまでで、こういう画像は用意できます

 

■エクセルでテキストボックスを書いてグループ化したい

画像がゲットできました。

すると、注目してほしい部分を赤丸で囲んで「ここをクリック!」などと書き加えたくなるのが、「人間のさが」というものではありませんか。

そのためには、まずテキストボックスなどを書き加えてください。この方法は今回割愛します。需要がありましたら、いつか書きます。

そして、事前に得ていた画像と、今書き加えたテキストボックスをグループ化します。

0416_8ここまでくればエクセル上ではこんな状態が作れます。

■グループ化

①ひとつ目の画像をクリック

②ふたつ目以降の画像を「shift」を押しながらクリック

③グループの画像いずれかを「control」を押しながらクリックして、グループ化(の中にまたグループ化があることも)をクリック。

■グループを図として保存するのが最大のポイント

①controlを押します。

②グループのどこかをクリックします。

③「図として保存」

これで後は、JPEGやPNGをどれにするか、保存場所をどこにするか任意で保存できます。

できあがった画像を確認してください。最大のポイントといったのは、私の場合、「グループ化できてないじゃないのよ!」という書き出し結果を何度も体験したからです。グループのうちの1つの画像しか保存されなかったという経験を何度も今日は積み重ねましたよ・・・orz

sonnaclickダメだダメだぁ!2度クリックしちゃダメだぁ!

 

もしも、似た状態になる方がいましたら、「何を選択しているのか」が重要です。グループを選択しているつもりが、そのグループのさらに内部のものを単体で選択している可能性があります。2回クリックしたりする場合はその可能性があります。そうなると私のように、単体の画像だけを保存することになってしまいますから、ご注意を!

ロゴのスペルはlogo?それともrogo?LEGOに似てる?似てない?

It’s only Thursday.

まだ木曜日です。

明日はエイプリルフールじゃありませんか!

4/10のTOEICまであと10日!

ところで、こうブログをやっていると、たまにはロゴマークでも作りたくなります。もし作ったとしたら、「ロゴ.jpg」などのファイルにするわけですが、英語で書きたい。そんなときに・・・

logo?

rogo?

と、いつもわからなくなる私です。

a1640_000188

あー、またわからなくなった・・・

正解は・・・

 

logoです。

logotypeの略ですね。

 

ちなみに玩具会社のレゴはLEGO。なんと、デンマークの会社だったのですね。今知りました。

 

ロゴのスペルはLEGOに似ているんだっけ?

似ていないんだっけ?

ということも、いつも見事に忘れ去ってしまう私ですが「似ているんだ」と覚えることにします。今度こそ本当に覚えたいと思います。

a0002_011907

ばっちり覚えたぜ!

■画像をWordPressで扱う

logo.jpgなど、画像を扱う話が出てきました。

このブログはWordPressで作っていますが、テーマは「Twenty Sixteen」です。文字は綺麗に表現できますが、ヘッダー画像を置こうと思うと、ちょっぴり切なくなりました。

なぜか?

それは、ブログタイトルとブログ説明文の下にヘッダー画像が配置されるのがデフォルトのようだからです。

そうなると、かなり上の部分が広いブログになってしまい、ちょっと私の好みとは違ったのでした。ブログタイトルの後ろになってほしかったです。

そんなTwenty Sixteenの推奨するヘッダー画像のサイズは1200×280pxです。

■Macで「ばつ」を書く

さて、こうして書いているうちに、他にも気づいたことがあります。これはMacで書いています。1200ばつ280と書いて、上のサイズの表現に使ったのですが、「ばつ」の変換がWindowsとは違います。

環境によっては表示されないかもしれない文字もあるようです。

普通の×を変換候補から出すのに、ちょっと探す必要があります。大変ですね。何をやるにも、何かしら大変なことはつきものですね。

大変なことが多いと、辛くなってきますので、気分転換に、TOEIC新公式問題集をlook overしようと思います。

look overは「-に(ざっと)目を通す」です。

関連記事:

その他TOEICのお話はこちら

その他WordPressのお話はこちら

その他Macのお話はこちら

日米なまり対決「The song has not been made today」

Hi! Good evening, man!

4/10のTOEICまであと15日!

今日もTOEICのPart1に出てきそうな表現に曲をつけました。

今日の題材は「The song has not been made today.」です。

意味は「今日は曲が作られていない。」

これだとこのブログのことですが、

song → bed

ととすると、「今日はベッドが整えられていない」という文になり、ぐっとTOEICに出やすい文章になります。

ベッドがきちんと整えられている写真とこの文章がきたら、この文章はNGだというわけです。

で、そういう曲を作りましたので、載せちゃいます。

歌詞は基本的には、途中からはじまる

「The song has not been made today」だけです。

■その他解説

その他にもいろいろ聞こえるので説明します。

まず「been」

これは、TOEICで主にアメリカ人女性が喋ります。そのときの発音は

「ベン」

STAR WARSのオビ=ワン・ケノービの愛称かと思ってしまいます。

ネイティブならbeenは「ビーン」と言うのかなと思っている僕に対して、まさかの「ベン」。その後の言葉が全然頭に入らないほどにびっくりしてしまいます。これは訛り?こういうものなの?

ということで、「ベン」という声をサンプリング的に冒頭にも入れました。ちょっと残念だったのは、MacのGarageBandでこの音のピッチをいじれなくて、音程や速さを調整できなかったこと。

■日本の訛りで対抗

あと、「通常総会を開催いたします」という声をサンプリング的に入れています。東北訛りな感じです。日本語のお堅い表現も、訛るとなんだか親近感が湧きませんか。

だからTOEICで訛りが出ると親近感が湧くか?と言われると、僕は全然そんなことはないのですが。そもそも訛りなのかNOT訛りなのかさえわかりません。

さらに東北ネイティブの発言で最近、「未加入」が「めかにゅう」に聞こえるという斬新な発見をした僕は、その「めかにゅう」をサンプリング的に曲後半に散りばめさせていただきました。

これで日米なまり対決ソングができあがったというわけです。

僕も東北人ですが、正直、急に「めかにゅう」と言われても、「?」と感じてしまいます。

新しいメカかな?

メカnew?

最近流行っているAI的な?

■訛りは、ときに困惑を生む

このように、発音というのは、同じ国の人さえ混乱に陥れます。

TOEICとなれば、さらに混乱が深まることは必至。できるだけ混乱しないような音声伝達がなされるようになってほしいなあと感じた今日この頃です。

訛りが出てもネイティブはTOEICで高得点とれますの?

 

あと、has notを使って「hasn’t」としていないところも、なんだか色々考えさせられる英文だと思いました。どっちにも慣れないといけない。